自己破産のデメリット※借金ゼロの一方で…

保証人なしで借金をして返済できなくなった場合の自己破産はそれほどデメリットはありません。
職業制限などは受けますが、人に財産に関わるような仕事をしていない限りはさほど関係ないのです。
また一定期間お金が借りられなくなりますが、今後借金をしないと決めている方にとっては関係ない話になります。
財産も処分されますが高価なものを持っていない方にとっても関係ない話です。
ただ連帯保証人のいる方が自己破産をすると大きなデメリットがあります。
自己破産をしますと自分の借金は免責になります。しかし債権者はかわりに連帯保証人に債務の返済を求めるようになるのです。
せっかく自分を信頼して保証人になってくれたのにも関わらずその人を裏切ることになります。
保証人も債務者と同じ責務を負うことになるので、これから自分のしていない借金を返済する暮らしになります。
また借金が返済できなくなると保証人も自己破産をする羽目になります。
自分が借金をして自己破産をするのがまだ仕方ないにしても人の借金のために自己破産をするのは非常に悔しいものです。
人間関係にひびが入るのは間違いありません。
ですのでもしも保証人のいる方が自己破産をする場合には一言お詫びの電話をかけるなりしてからしなければいけません。
あと免責を受けたあとでお詫びのしるしに保証人に支払わせた分の借金の返済するようにしましょう。
人間関係を壊すきっかけになるのでしっかりとデメリットを把握しなければいけません。